読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生活日和~セイカツビヨリ~

年を重ねるにつれて艶のある人になりたいです。 丁寧な暮らしを重ねて、心も身体も仕事もプライベートも味のある日常に・・・。そうは思いながらも、手抜きしながら無理ない程度にゆるゆると過ごしています。

かなや刷子の歯ブラシ

ビューティー

先日、キナリノで紹介された「かなや刷子(ぶらし)」。

“100万人の歯ブラシ”で知られる「かなや刷子」は、
大正3年に浅草で生まれた刷毛とブラシの専門店。

歯ブラシが買い換え時だったので、
散歩のついでにかなや刷子さんに立ち寄りました。
f:id:momoppii:20160201095227j:plain


店員さんとお話しながら、馬毛にするか豚毛にするか考えます。
硬さは馬毛が「やわらかめ」や「ふつう」で、豚毛が「かため」とのこと。

はじめて使うなら「ふつう」の硬さの馬毛がおすすめということでまずは購入決定。
馬毛の「やわらかめ」は歯茎のマッサージに最適、
豚毛の「かため」は、歯の表面の茶渋などを落として艶を与えるのに最適とのこと。

ナイロン製とは違い、天然毛の場合は毛先が自然に真っ直ぐに戻るそうです。
そのため寿命は3ヶ月以上。
毛の長さが磨り減ってきたら好みに応じて交換してくださいね、と。

それであれば、用途に応じて使い分けてみようかと思い、
馬毛「ふつう」、馬毛「やわらかめ」、豚毛「かため」の3種類をお買い上げ。
f:id:momoppii:20160201094443j:plain

WEBサイトでは同種3本箱入りで863円と記載がありますが、
全て違う毛質のものを1本ずつ選んでも箱に入れてくださり
860円で購入できました。

〇天然毛について
天然毛はタンパク質から作られる自然物質です。
歯や歯茎を傷つけず、それでいてヨゴレを落とすことができる絶妙の硬さ。
適度にコシもあるので、歯茎へのマッサージ効果もバツグンです。
使い込むほど毛が摩耗して丸くなるので、歯を削ってしまう心配がまったくありません。

f:id:momoppii:20160201095235j:plain
お店の近辺の浅草の街並みも日本の良さを感じます。


★キナリノより
お洋服のお手入れに、歯のお手入れに・・・
暮らしに役立つ「ブラシ」を作り続けている老舗ブランド「かなや刷子(ぶらし)」
https://kinarino.jp/cat2/17103kinarino.jp